世の権威が失われた今こそFXだ

FX 初心者FXは一般企業のいう副業にはあたりません


ですから堂々とFXでの取引をはじめてください。
 

FXには「小口(5万円程度)から100万そしてさらに上を」と色んな取引ができます、
そしてよく聞く言葉で1万通貨とか1000通貨などがあり 取引通貨単位なんて呼びます。


まず最初に何はともあれFX取引口座を開設するわけですが、一番気をつけたいのがこの取引通貨単位なんです。

これを間違ってしまうと小遣いではじめるつもりが”いきなりハイリスク”な大船に乗ってしまう可能性があります、それはそれで大きな取引ができるので儲かることもありますがリスキーになります。

 

どういうことか?

たとえば有名なDMM FXの口座、最低入金額は5万円です。

5万で取引できますから手頃で良さそうですが25倍固定なのでハイリスクになります、通常「5万の資金」  なら取引保証金(担保となる手持ちのお金)も5万ですからその範囲内での取引しかできないはずです。
ですが手元の資金を担保に何倍もの外貨取引ができますよ〜というのがあります、これを「レバレッジ」と  いいます。

つまりDMMのレバレッジ25倍固定とは5万円にテコを掛けて125万の取引をすることになります、
もう少し噛み砕くと5万円の資金で5万円の取引をするとレバレッジ1倍という簡単な計算です。

例を出したので余談ですが、、、
DMMの場合は25倍といっても”実質的レバレッジ”とは少し違いましてあくまでも5万円から始められるので その場合は25倍です。
これが125万円の資金であれば1倍のレバレッジという計算方法を取り入れている業者になります。

ですので初心者の口座選びの際にはまず「自己資金の範囲内」でリスクを低く、かつ長期的に資金が増幅  できるか?
そして「1000通貨」での取引に対応してるかが重要です。

 

【1000通貨とは?】
FXには最低売買単位というのが存在します、多くの業者はこの単位を1万通貨にしていますが、これは簡単に いうと1円動くと1万円の損益が発生する仕組みです。

1000通貨はその損益が1/10、つまり1円動いても1,000円の損益で済むので利益は薄いですがその分リスクも低いということになりますから”初心者はとくに”1000通貨から始めるのが良いです。

慣れていないのにいきなり1万通貨や、それ以上で取引してあっという間に資金がなくなる人は結構います。。

 

ロスカット

FXで取引するなら「ロスカット」という言葉と意味を知っておく必要があります、レバレッジと同様に非常に良く使う言葉ですね。

 

ロスカットはレバレッジに密接に関係しています、このロスカットとはFX取引でレバレッジが掛かっている 状態で損失が出そうになった時に”資金以上に損害が出ない様に強制決済”されることをいいます。

このシステムのお陰で口座の資金以上の損失を防ぐことができるのですが実は注意点もあります、ロスカット 作業はコンピューターが自動で行っているのですが「為替レート」が急激に下がってしまった時などは損失が思った以上に出る場合があります。

 

【それなりの金額が口座にある時は気をつけた方がいい】
預けている資金のことを取引保証金といいますが、このお金は現実にある金額ですから証拠金ともいいます。
そして、その証拠金で取引している通貨間には損益があるわけでその中で損になる金額を「含み損」と呼び、 その割合を差し引いた比率のことを「証拠金維持率」といいます。

つまり、業者が決めた証拠金維持率=ロスカットレベルを下回ったときにロスカットが起こります。

※ロスカットレベルに関しては、だいたいどのFX業者も20〜30%に設定しているところが多いです。

 

このロスカットが余計な損失を防いでくれるのは事実ですが「高レバレッジが掛かった状態」で為替レートが急激に変動した場合などは証拠金以上の損失が発生することもありえます、
ロスカットは強制決済で証拠金を大きく失う可能性があるものですからそれを極力避けるためにも無茶なレバレッジに設定しないのが安全です。

 

初心者が躓くFX開始までのまとめ【準備編】

■口座選びは自己資金と照らし合わせて安全な取引ができるところを選択する
・最低入金額
・レバレッジ
・最低売買単位
・操作性の良いツール

■信頼性を重視する
・資金が潤沢な業者か
・老舗で安全か
・口座登録数が多いか
・初心者向けの講座やセミナーを開催しているか
・サポートが手厚いか
・ツールが優れていて使いやすいか
・スマホに対応しているか

 

※そして”FX”にはリスクがあることを知っておく
・預金の様に預けておけば増えるものではない
・為替は日々変動するので損もする
・絶対に儲かるという類のものではない


まずはこの辺りを抑えながら少しづつ慣れていくのが良いと思います、少額からでも長期的にリスクを少なく 取引していく。

業者によっては初心者に積極的にFXを学ぶ場を用意しているところも結構あります、そういった場をどんどん活用して知識を養っていくのも早く理解するコツです。

 

FX 初心者におすすめの口座はこちら

FX 初心者

いきなりFXっていっても右も左も分からん‥

ごもっともです。

初心者向け講座などのサイトもたくさんあるわけですが実際に読んでみるとやっぱり難しい、そんな印象が多々あると思います。。

そんな固定観念をもつFXですが実は「準備とやること」を把握して分けて考えてしまえばFXをはじめること自体はさほど大げさではありません。

そもそも取引口座があって、資金が入っていればFX取引はすぐにできます。
最初に迷うのは口座選びとFX業者それから取引ツール、逆にいうと躓くのはそこだけです。


ですが、いくつもの業者や取引口座が存在するならそれは「選択が違ったらまた作ればいい」という   解釈にもなります。

プロのトレーダーの様に複数のFX口座で同時に取引するのはPCに負荷もかかりますし取引管理も    大変です。

でも自分に合わなかったり使いにくかったりするのであれば新たに口座を開設して、
もしくは知識もついて慣れてきたからもう一つみたいな複数口座の「使い分け」でも全然あり
なんです。

取引額が少額からできる「リスクの少ない」口座をまずは開設してみる、
慣れたら自分の資金に合った使いやすそうな口座も使ってみる。

そのぐらいの心構えで良いと思います。



ただ、最初の躓きになりそうなのが‥
FX口座には初回の入金額に規定があるのが通常だったりするので。。

どういうことかというと、口座を新設するときに「◯万円入れなければならない」などの決まり事
があって”そこが最初の壁”になったりもします。

もちろん資金が用意できるなら5万、10万で始めれば利益は大きくなる可能性はあります。


とはいってもこの金額はサラリーマンがお小遣いで始めようとするなら割と重要な部分で、
例えば初回入金額5万円〜なんてことになると”結構きつい”という人は意外に多いんです。
 

そういった方々に朗報なのが初回入金額に規定のない、
しかも5千円から取引可能なのが↓↓↓こちらの口座で「開設も最短5分」のスピード入力です。
 

 

当サイトに掲載の商品はアフィリエイトプログラムを導入して掲載商品の紹介に務めております。掲載商品の詳細情報は公式サイトにてお確かめ下さい。

Copyright(c) 2016 FXで年収1000万へ All Rights Reserved.